なんでもいいとか言っておいて文句を言うな

「なんでもいいよ」「だれでもいいよ」などと「テキトーでもOK!」的なことを言っておきながら、いざ該当の品を目の前にすれば「ノーセンキュー」的な姿勢を示すような人に、心底腹がたつわけです。

それならば最初から注文の多い料理店ばりに、いろいろと条件を提示すればいいじゃないですか。「なんでもいいよー」「どれでもいいよー」などと言いながらも、結局は好みが細かいような人って、まったくもって腹立たしいですよ。

そのためにかけた労力がアホみたいじゃないですか。それならば、最初っから言えよーと今でもものすごく思っていますよ。まあつい最近、そのようなエピソードなことが起こったのですけれど。今でも思い出してややムカムカしているわけです。

というか、その時間分の私の労働を返せーとは思うわけですよ。まあ仕事じゃないのでなんとも言えないことなのですけれどねー。しかし損害賠償的なものを請求したい?とも思ってしまったりなんて。言い出せないことでしょうけれど。古着の処分なら寄付がおすすめ