銀齢の果てという本

初めて筒井康隆さんの本を読んでみました。

ストーリーからしてかなりぶっとんでますね。この方は基本こういう作風なんでしょうか?
ここでは老人であることがさも悪いように扱われる世界となっています。

物語の登場人物がこれからどうなっていくのかページをパラパラめくるのは楽しかったです。
とにかく登場人物が多いので設定や相関図などを覚えるのがちょっと大変でしたが、じっくり腰を据えて読むと充実感得られますよ。
まあとても気軽に読む本とは言えませんね。

「老人相互処刑制度」という制度が存在しますが、あくまでフィクションなのに読んでるだけで恐ろしくなりますね。この方の本をもっと読んでみたくなりました。

ホラーは嫌なくせにこの手のものはスリルあって楽しめるんです。
映画「バトル・ロワイヤル」があったときも原作知らないのに興味本位で入っちゃったことを思い出します。

この本が映画になるということはないと思うけど、もしあったら見に行っちゃうかも。キャッシング申込ナビ.net